スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリカー

アマリリスカウンター、略してマリカー。


……これは流行らない……


そんな事は置いといて続きからデッキレシピ。


【モンスター 25枚】
椿姫ティタニアル×1
フェニキシアン・クラスター・アマリリス×3
魔轟神ソルキウス×1
コアキメイル・グラヴィローズ×2
UFOタートル×1
デブリ・ドラゴン×1
ネクロ・ガードナー×2
ローンファイア・ブロッサム×1
カードガンナー×1
ヴォルカニック・カウンター×3
ダンディライオン×1
メタモルポット×1
ゾンビキャリア×1
ライトロード・ハンター ライコウ×3
レベル・スティーラー×1
スポーア×1
ADチェンジャー×1
グローアップ・バルブ×1

【魔法 12枚】
死者蘇生×1
魔法石の採掘×1
手札抹殺×1
手札断殺×2
大嵐×1
光の援軍×1
おろかな埋葬×1
異次元からの埋葬×1
奇跡の発掘×1
月の書×1
ワン・フォー・ワン×1

【罠 5枚】
魔法の筒×2
針虫の巣窟×2
サンダー・ブレイク×1

【エクストラ 15枚】
虚空海竜リヴァイエール
No.17 リバイス・ドラゴン
グレンザウルス
始祖の守護者 ティラス
フォーミュラ・シンクロン
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
氷結界の龍 ブリューナク
スクラップ・デスデーモン
ブラック・ローズ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
スクラップ・ドラゴン
氷結界の龍 トリシューラ
シューティング・スター・ドラゴン

ヴォルカニック・カウンターとアマリリスの効果で敵を焼いていくビートバーンデッキです。
バーンだけでなく、肥えた墓地からのシンクロやエクシーズも使って責め立てて行きます。

殴ったら負ける(相手が)、という状況を以下に作りだすかがカギになります。

・フェニキシアン・クラスター・アマリリス
デッキの主役その1。適当に蘇生させるのも良いのですが、相手がカードを消費し、かつ墓地が肥えている終盤に復活させるとかなり鬱陶しいと思います。
その頃には相手のライフも少ない(はず)なので、実質エンドカードになるかも。
ただしデッキ切れは注意。ロックされているとこちらから殴りに行けないので相性が悪いです。
って言うかこのデッキ自体がすでにロックに弱いです。

・ヴォルカニック・カウンター
アマリリスは受け持攻めもできるけど、こっちはもっぱら受け専門。
と見せかけて自分から特攻して効果発動できるから、こっちもリバだね!(
墓地と場の状況によっては大したダメージを与えられない事もあります。
相手の攻撃を受けるよりも、綿毛トークンやバルブ達で自爆特攻した方が積極的に、かつ効率よくダメージを与えられると思います。攻撃防がれたらアレだけど、逆に相手は貧弱モンスターにバックを使わざるを得ないという。
そんなこのデッキの主役その2

・ネクロ・ガードナー
単純に防御と言うだけではなく、ヴォルカニック・カウンターの効果を無闇に発動させないという役割も持っています。あとは異次元sやメロウガイストからアマリリスを守るとか。
重要なカードだけど主役じゃなくて裏方。

・魔轟神ソルキウス
手札事故軽減カード。
手札に回ってきてしまったアマリリス等を処理するのがお仕事のほか、普通にアタッカーとしてもシンクロ素材としても優秀です。
つい最近デッキに入れてみたけど、これが居るのと居ないのでは大分違います。

・ADチェンジャー
セットしたターンにライコウやメタポの効果を発動したい時や、厄介だけど守備力が低いモンスターを戦闘で処理したい時に。
141で呼んで来れる非チューナーというのも何気に重要。
あとは適当に発動して奇跡の発掘の条件を満たす、なんてことも。

・異次元からの埋葬or奇跡の発掘
墓地のカードを除外してアドをとるデッキにおいては、説明の必要無いってくらい重要なカード。とくに玄米。
相手の攻撃にチェーンしてカウンターを戻せれば、それでゲームエンドに持って行けるかも

・月の書
奈落からアマリリスを守る、メタポライコウの効果の再利用、その他相手の攻撃を防ぐなど色々な事ができるカード。
制限なのが痛いけど、メタポ使うなら魔法石の採掘で拾ってくればいい。

・おろかな埋葬
落とすモンスターによって動きが変わるので、その状況で最適なやつを落としたいところ。
手札事故したらソルキウス、みたいに。
ホイホイ使うよりかは、ある程度墓地や場が整うまで温存した方が良いのかも。

・針虫の巣窟
ある人は言いました。爆アドカードだと。
このデッキだと間違ってはいないけど、落ちるカードに魔法罠が混じっていると複雑な気分になる。
魔法罠しかないと死にたくなる。
できれば相手のサイクロンなどにチェーンして発動したいけど、どうにもならなくなった時に博打で発動することが多いカード(
それでもある程度は何とかなる。

・虚空海竜 リヴァイエール
このデッキのランク3エクシーズで一番出てくる子。だと思います。
エクシーズ素材のネクガカウンターを処理しつつ、効果を使った彼らを再利用できる便利な子。
問題は☆3で場持ちの良いやつが居ない。マシュマロンでも採用しようかしら。
打点が欲しければリバイス。バーン狙えそうならグレンザウルスといった感じで使い分け。
グレンザウルスは炎属性と言うことを考えると、何気に出番多いかも。

デュエルの序盤はとにかく墓地を肥やしていきます。
よほど恐ろしい玉突き事故が起きなければ、手札処理orデッキから墓地を肥やすカードは握る……はずです。
ライコウで相手のカードを割って、カードガンナーやグラヴィローズがアタッカー、というのが理想です。それぞれのメリットデメリットがあるので、こいつらも上手く使い分けて行きたいところ。

でも使いやすいのは断然ガンナー(

中盤はシンクロやエクシーズの出番。
強力なモンスターで攻めつつ、ちゃっかり墓地肥やします。
ヘタに攻撃力が低いモンスターを出すとカウンターの効果を上手く活かせないので、そこに注意します。
ブリュとかリヴァイエールとか特に(

デュエルの終盤は主にアマリリスの出番。互いにカードを消耗しているので、墓地リソースを遠慮なく使って少しでも相手を追い詰めたいところ。
注意しなければいけないのは自分の残りライフとデッキ枚数。
前者の場合はライフ以上のモンスターの攻撃を通されるとカウンターの効果以前に敗北すること。
後者は相手がミラーマッチかライロじゃない限りはこちらの方がほぼ確実にデッキ残りが少ないので、場合によってはデッキ切れで敗北します。
相手の場に高打点モンスターが突っ立ってくれているなら、レベルスティーラーなどで特攻してカウンターの効果を狙いたいところです。


弱点は墓地利用を封じる墓守、そもそも墓地を肥やさせてくれない次元。
単体のカードだとカイクウ、先行の追放者がかなり厄介です。
どちらもバックを多用するデッキで多く見かけるので、戦闘破壊も楽じゃないんですよね……。

ちょっと長くなりましたが、だいたいこんな感じ。
玄米が3積みできていた時代から使っていたデッキなので、これも結構愛着のあるデッキです。
今度大会に参加する時は、魚デュアルじゃなくてこっちで出てみようかなあ。
スポンサーサイト

コメント

No title

サンダー・ブレイクをもう1枚増やしていいかなぁ、とは思った。明確な弱点がモンスター、魔法・罠の両方にある訳だから、それを万能に除去できるし、捨てる手札にもそれほど困らないと思うし。
それと(大会を意識するなら)裂け目とか鉄壁とかの2戦目から積まれそうなカード用にサイドにライラとかありかも。

あとは、カウンターの無駄な発動を抑えるのにディメンション・ウォールとか面白そうっていう電波が飛んできた(

No title

ルイン兄さん>>手札を捨てる手段は多く用意したい、ってのは考えてた。
最近は暗黒界多いし、いっそ断殺を全部サンブレに差し替えるのもアリだね。

ダメージ量を増やすならディメウォは充分入るのう。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。