スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼武者3


ネタバレ旋風脚


1の左馬介が主人公に復帰、そして新主人公ジャック・ブランが登場。
左馬介は引き続き金城武氏が、ジャックのモデルはなんとジャン・レノ。ジョン・レノンと何度間違えたことか。

今作で織田信長編が終了。幻魔との戦いは一度は決着します。

戦闘は前作の2が良かったと思います。コマンドや攻撃方法が多彩だったので。
ただ、主人公が二人いるのにそれを求めるのは酷かなあ、なんて思ったり。

新主人公のジャックは三節棍みたいな槍、細い蛇尾丸みたいな剣、そしてモーニングスター、鞭が武器です。
チャージ攻撃で敵を拘束できます。そこから更に派生コマンドがあるので、左馬介と上手く差別化されていたと思います。
一方左馬介は、前作とはまた違った武器を使います。双剣、長刀、斧と、前作の隠し武器の毘沙門剣も今作では隠し武器扱いです。
更にある条件を満たすと2週目以降では初代で使っていた3つの武器も使えるように。ボス戦は戦術殻でゴリ押しできるように(

今回はタイムパラドックスが物語のキモと言うか、謎解きのカギになっています。
左馬介は現代のパリに、ジャックは本能寺の変が起きる数日前の日本にそれぞれタイムスリップします。
未来の世界までも掌握しようとする信長の野望を食い止めるために、二人の鬼武者が奔走する……大筋はこんな感じです。

左馬介
初代主人公、そして今作も主人公の一人。OPでのアクションがやたらカッコ良かった。
信長討伐のため本能寺に攻め込んだ時、うっかり時空のねじれに巻き込まれてタイムスリップして2004年のパリにやってきた。一足先にタイムスリップしていたギルデンスタンによりパリは幻魔によって壊滅状態に。現地の人からした明らかに不審人物なので御用されそうになる。これは半分嘘。
棒読みは大分治った。ただ、まだちょっとぎこちない気がしました。と、個人的には思います。
信長との最終決戦では、初代のラストムービーで見せた鬼武者真剣を装備した状態の覚醒左馬介を操作できます。
ここまでやってよかった!と思いました。ラスボス前半戦はノーダメなので無双できます。いわゆる勝ちイベント戦。後半は普通にダメージ受けるもんだから、調子こいて死にそうになった。
鬼の力で見た目は変わってないけど、年はもう40過ぎのおっさん。1と比べるとセリフにも年相応の落ち着きが感じられますね。アンリに言った「新しい母上を大事にするんだぞ」にはグッときました。
今作は主人公が二人いるけど、やっぱりこっちが主人公だな!って思いました。

ジャック・ブラン
不幸にも戦国時代に飛ばされてしまったフランス人。特殊部隊に所属しているので戦闘のプロ。
まあ一般人に鬼の力を与えるわけないですもんね。最初の武器は刀でも銃でもなく、光の鞭。
それからゲットする強化武器も、鞭っぽい要素があります。縛りプレイが好き。
彼にだけ戦国無双みたいなイベントが用意されています。
奥さんを亡くして、アンリを男手ひとつで育ててきたパパ。ミシェルと婚約しているけど、そのミシェルとアンリの仲は上手くいっていない。左馬介には無かった悩みを抱えています。

ミシェル
ジャックの婚約者。彼の息子のアンリとは上手くいってない様子。
ボンキュッボンだけど、顔は・・・うん、やめておこう。
プレイ中何度か彼女に交代します。一番初めに頑張ってグレネードガンをゲットすると、それ以降は完全にミシェル無双。ほぼノーダメで行けます。この人が最強なんじゃなかろうか。

織田信長
前作に引き続きラスボス担当。OPから貫禄の大塚ボイス。
幻魔化は今作の方がでかくてカッコいいと思います。幻魔信長戦では条件を満たすと左馬介の武器が「鬼切り左文字」に変化。ジャックに一回、左馬介に一回、幻魔化してもう一回左馬介に倒される忙しい人。
最後は身体ごと鬼の籠手に吸収された。

ギルデンスタン
初代では信長の事をサルと呼んでいたが、今ではすっかり忠実な下僕。
今回も色々企てたり幻魔造ったり、時のねじれを研究したりと多忙な日々を過ごす。
そして今作でようやく戦闘。しかも飛ぶ。飛ぶから普通の攻撃が当たり辛い。更に2体の幻魔を従えてくる。
時のねじれを利用して体力回復するもんだから、下手すると長期戦を強いられる。
ただし回避可能なので、それさえ出来れば割とすぐに倒せる。
飛んでるから弓矢の的。その辺は初代のヘキュバに通じるものがありますね。

ベガドンナ
今作のエロ担当。ヒールがトゲ。我々の業界でも拷問です。
前作のジュジュドーマがアレだったから、今作で路線を戻したんでしょう、きっと。

ガルガント
OPで左馬介に倒される幻魔の剣士。スタイリッシュに動く。

森蘭丸
美少年のあの人。左馬介と闘って敗北し、その後ギルデンスタンによって改造される。
改造されたせいで若干ノリが世紀末になった。本人の実力よりもカメラワークの方が強敵。
エッフェル塔の頂上にて左馬介と対峙し、敗れる。そのまま死んだと思いきや、なんと生きていた。
最後の悪あがきとばかりにアンリを後ろから刺すが、ブチ切れたジャックに鞭で叩かれて今度こそ死亡。
過去でもジャックに殴られて転落死する。

本多平八郎忠勝
あの有名な猛将・本多忠勝その人。
主君の徳川家康が織田家家臣のため、仕方なく幻魔に手を貸している社畜。
……と思いきや裏切る気満々で行動してた。蜻蛉切りに幻魔の力を宿しているが、本人は幻魔化していない。
左馬介とジャックに協力している事がバレて、蘭丸の罠にかかり殺されてしまう。
本能寺の変当時は24歳だったらしいけど、とても24には見えない。三河弁で話す。

明智光秀
セリフはかなり少ないけど、まさかのCV若本

阿児
鬼の一族に仕えるカラス天狗の少女……って言うか妖精。サイズ的な意味で。別名鬼武者界のティンカーベル
基本的に操作キャラに同行する。神通力を持っており、時空跳躍とかする。生意気

アンリ
ジャックの一人息子。
父親の婚約者のミシェルと上手くいっていないが、それは事故で母親を亡くしたことに責任を感じているが故。
幻魔の仕掛けた罠を解くなど、スペックは高い。因みにそのイベントは覚えゲーのミニゲーム。失敗すると容赦なくゲームオーバー。
それでも初代に比べれば可愛いもんさ……。

豊臣秀吉
初代は木下藤吉郎 2では羽柴秀吉 そして今作で豊臣秀吉と、シリーズを追うごとに出世している。
3では登場するのはEDだが、なんと幻魔の力を手に入れている。そして物語は『新』へ続く……。

信長編三部作のラストを飾る鬼武者3 秀吉のせいでスッキリ終わった感が無いけど、EDで「まだまだ戦いは終わっていない」感を出しているのは何も3に限った事じゃないので……。

今プレイ中の『新』もクライマックスなので、それが終わったらまたレビュー(と言う名のチラ裏)を垂れ流します(
スポンサーサイト

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。